忍者ブログ
1/14サイズのコンパクトRC CAR『カリスマ・レジェーロ』についての改造Tips等をまとめているサイトです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
じょい/サンデードライバー
性別:
男性
自己紹介:
ネタ車?駄作?
我々の業界ではご褒美ですd(^ω^)
好物-スモール車/マイナー車/ネタ車etc.
生息地-スタジアム1/東所沢Mショップ/
吉祥寺ユザワヤ
次回出没予定-5/20 スタ1
連絡は↓までどうぞ。(要@変換)
juno_r42000○yahoo.co.jp
最新コメント
[10/19 上下]
[04/29 T.S]
[10/25 上]
[07/07 上座達郎]
[02/26 よかばい]
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 カリスマだけでなく、現在のRCカーにおいてはダブルデッキスタイルは良くある形です。
たしかにこれはメンテナンス性も良いですし、車自体も軽量にできるのですが、走らせているとロアデッキが傷ついてしまいます。
勿論バスタブタイプのシャーシでも底に傷はつきますが、バスタブタイプは比較的安価にシャーシが交換できるのに対して、ダブルデッキスタイルのシャーシは高価です。
カリスマでもFRPタイプですら3千円、カーボン仕様にしていると6千円もかかってしまいますorz
そんなわけで、出来るならきれいなままで使いたいですよね。
今日はシャーシ裏の傷対策に効果的な方法をご紹介します。
対策としては、以下のものを使うのが効果的です。

 
 見てのとおり、何の変哲もない布テープです。
どこでも比較的安価に手に入ると思います。
色は何色でもいいのですが、茶色だと妙に家庭的で格好悪いので私は黒を使用しました。
これを写真の様にシャーシ底面に貼り付けます。
はみ出したところはカッター等で処理しましょう。
ただし細かいところが多いので、個人的にはデザインナイフを使うのがおすすめです。


 簡単な加工ですが効果は絶大で、これをするだけでシャーシ裏面はいつでも綺麗です。
ですが、走っていると前後端部分が次第にはがれてきます。
その際は遠慮なく手でちぎって、新しく上から貼り直しましょう。
 
 ついでに当たり前の話ですが、小石の多い路面では痛みも早いです。
車高を上げれば走れないことはないですが、カリスマは車が小さい分ギャップにも弱いので、可能な限りフラットな路面で、出来るならサーキットで走らせて欲しいですね。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © Carisma情報局 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]